生前にこんな葬式をやってほしいと言われたら

葬儀の形式を選ぶ上での確認事項

直葬も家族葬にもそれぞれにメリットがありますが、葬儀形式の決めるポイントとしては、故人の遺志や故人の家族の望むものを大切にすることが選択する上で重要です。
今では一般葬、火葬のみを行う直葬、親しい人親族のみで行う家族葬、近親者のみで行い、後日お別れ会等を開催する密葬、通夜を省いた1日葬と形式も規模も様々です。
直葬や家族葬など小規模なものを選択する人が増えてきているのは、従来の形式にこだわらない人が増えたからかもしれません。
このように様々な形を選択できるようになってきた中で、何が重要かも確認しましょう。
予想される参列者の人数、準備の時間、葬儀費用、故人の遺志、家族や親族の意向…もちろん、優先したくてもできない場合もあるでしょう。
また、日本では法律上、死後24時間は火葬ができないため、火葬場の予約等で亡くなってから数日空く場合は安置できる場所の確保も念頭に入れておく必要があります。

葬儀社を選ぶ際に見極めるポイント

葬儀の形式によって依頼する葬儀屋もまちまちになると思いますが、いつもお願いしているところなどが無い場合は、ネットなどで検索して探す方もいるでしょう。
その際、葬儀ブローカーと言って、葬儀屋探しの仲介をしてくれる業者があります。
そこは、葬儀屋に依頼するよりも格安な場合がほとんどで、自分で執り行う必要がない点もメリットですが、葬儀の質が低かったり、追加料金が後から発生するなどの場合もあるため、依頼する前にしっかりと見積りを取ったり、今までの実績や口コミ等も参考にしながら、信頼できるところを選べるとよいでしょう。
直葬を選んだ場合も、遺体の搬送と安置、納棺から火葬場でのお骨上げや最後のお別れなど葬儀屋に依頼する場合がありますが、直葬は特に葬儀場の装飾等がないため、担当の人柄や能力で差が出ます。
そのため、こちらの意向に親身になってくれ、家族が納得した形で見送れるためにも慎重に選びましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ