規模によってマナーは違うの?

直葬のマナーは?服装や香典相場もチェック

直葬は家族や親族のみで行うことが多く、葬儀を行う一般葬とは異なるため、服装マナーもそこまで厳しくありません。
喪主や遺族は喪服を着るのが普通ですが、その他の方は喪服に準ずる服装であれば問題ないでしょう。
また、香典は不要とされることが多いようですが、連絡が無い場合は香典の準備をして参列しましょう。
直葬は受付を設けないため、通常の香典を渡す場面がありません。
香典は基本的には故人ではなく故人の遺族にお渡しするものなので、もしもお渡しする場合は、祭壇に供えるのではなく、機会をうかがって喪主にお悔やみの言葉と共にお渡しするのがベストです。
直葬に参列する場合は食事の場は特に設けられないため、予め食事を摂っておくことも必要です。

家族葬の場合も注意すべき点はある

家族葬は一般葬とやることは同じでも、参列者の数は格段に少なくなるため、その点では故人のことを思い、ゆっくりと希望の葬儀形式でできるという利点があります。
しかし参列者を少なくしたことで葬儀費用を抑えられると思い、家族葬を選ぶ方もいらっしゃるようですが、その点の理解には注意が必要です。
参列者が少ない分、香典返しや食事の手配などは抑えられますが、やることは一般葬と同じため、葬儀場やお坊さんに支払う金額は変わらず、受取る香典は少ないため葬儀費用を賄えない場合もあります。
また基本的に家族葬では、香典、供物、供花などは辞退するものの、香典だけでも…と送ってくる方もいらっしゃったり、参列者リストにない方で、当日どうしても最後のお別れをしたいと急遽参列する方もいますので、そのような場合の対応と家族葬は後に行う本葬がない2日間完結葬儀のため、参列できなかった方への対応も検討する必要があります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ