日本で行われている葬儀方法と意味

直葬の概要と選択する人が多い理由

以前は派手な霊柩車や大きな花輪などを準備し、見送る形がほとんどでしたが、最近はそれもあまり見かけなくなってきています。
一般的なお葬式の「一般葬」が割合としては高いものの、最近は一般葬で行っている通夜や告別式を省き、ごく親しい人だけで火葬のみを行う「直葬」をする方が増えてきました。
この直葬を選択する多くの理由としては、葬儀社が執り行う葬儀(通夜・告別式等)を行わないため、葬儀屋の手配が不要となりその分の金額が抑えられることが1番大きいでしょう。
そのような経済的な事情の他にも、故人の年齢などによっては、参列者が少ない、近隣との付き合いが希薄になっているなども要因に挙げられます。
経済的な面では大きなメリットですが、直葬をする際には事前に親族へ説明をし、理解を得ることも重要です。

家族葬とは?この葬儀方法を選んだ人の理由

家族葬とは、一般的なお葬式の一般葬とやることは同じです。
しかし参列者は親族や親しい友人など、ごく限られた人に限定されるため、一般葬に比べるとだいぶ小規模になります。
家族葬のメリットとしては、比較的自由な葬儀にできることです。
家族の「故人をこんな形で送りたい」という意向や、故人が生前「こういう風に送ってほしい」などがあれば、希望を形にしやすいでしょう。
また参列者が少ないという点でも、香典返しや食事の手配に時間を取られる事もなく、当日も参列者対応に追われることなく、ゆっくりと故人とお別れできる時間をもてるのは精神的にも大きな利点です。
ただ直葬と同様、家族葬の場合も、事前に親族への確認や参列できなかった方への対応方法も考えておく必要があるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ