日本で行われている葬儀方法と意味

直葬と家族葬はどちらも小さい規模で見送る葬儀方法です。 家族葬は、親族や親しい限られた友人・知人のみで行われますが、流れとしては一般葬と同じです。 参列者が少ない分、通夜ふるまいなど少額に抑えられます。 一方、直葬は通夜や告別式をせず、火葬と納骨だけを行うもので家族葬よりも更にシンプルな形式です。

規模によってマナーは違うの?

一般葬に参列する場合にはそれなりの服装で香典を渡しますが、小規模になると、服装や香典、更には執り行う側としての準備の違いはあるのでしょうか? 基本的には、故人を偲ぶという点では、葬儀の規模に関わらず、ある一定のマナーが必要です。 また葬儀方法の選択には、故人の家族が望む葬儀形式を選ぶことが大切です。

生前にこんな葬式をやってほしいと言われたら

葬儀については、前もって準備したりするものではありません。 しかし生きているうちに、自分がもし亡くなったら、こんな風にして見送ってほしい、などの希望がある方もいます。 また今では、生きているうちに葬儀をする「生前葬儀」というのもあり、急なお別れにならないようにという配慮もあるようです。

直葬と家族葬にはどんな違いがあるのか

日本では古くから、いわゆる「お葬式」という亡くなった方を供養し偲ぶ儀式を行ってきました。
このお葬式は、ある意味宗教的な儀式の1つであり、仏教儀式として、故人の死を悼み、極楽浄土や天国の世界へ送り出すことと、遺された側が死を受け止め、心の整理をするという意味があります。
仏教にも宗派や地域性によって若干の違いはありますが、故人の冥福を祈り成仏祈願することには変わりありません。
最近では、この葬儀にも色々な形式があると言います。
昔は、葬儀も派手で大規模に行うことが多く、立派な霊柩車が走っているのを見ることもありましたが、今はこじんまりとした小規模で静かな葬儀も増えてきているようです。
通常葬儀は亡くなられてから安置を経て、お通夜、告別式、火葬と続くのを「一般葬」と呼びますが、現在は一般葬の規模を小さくして家族、親族等のごく親しい人たちだけで行う「家族葬」や、通夜、告別式を行わない「直葬」後日お別れの会を催すことが前提で、葬儀は家族や親族だけ行う「密葬」通夜は行なわない「一日葬」もあるようです。
このような、参列者も少ない小規模な葬儀形式を選択する方が増えてきた理由としては、核家族化や高齢化社会に伴い、近隣住民との接点が希薄になっていることから、大々的には行なわない方向が多いようです。
友人や知人が少なくなると自ずと参列者も減り、大規模な葬儀をするだけで近隣から迷惑と言われることもあるようで、都内など地域によっては一般葬よりも家族葬や直葬が増加しています。
また故人が生前に葬儀形式の希望を伝えている場合もあるため、様々な形式があるにせよ、故人と故人の遺族が、納得して送り出せるものを選べることが重要ではないでしょうか。